猫に関する情報が満載!

にゃにゃーん

猫がよく遊ぶおもちゃ

飼い主にとって猫と遊ぶ時間は日常のストレスからも解放される癒しのときです。
猫が反応を示してくれると嬉しく、元気をもらうこともできます。
ではよく遊んでくれるおもちゃにはどんなものを選ぶと良いのでしょう。
猫はその習性から逃げるものを追う本能を持っていますので、やはり最も有名なねこじゃらしが飽きずに遊べるおもちゃだという場合が多いようです。
ねこじゃらしはホームセンターやスーパー、ドラッグストアでも手軽に購入することができますが、代用品を手作りすることもできます。
割りばしの先にテープなどで毛糸や紐をつけただけの簡単なものですが、へびのように動かして見せたり、物陰から少しだけ動かして見せると走って追いかけてきたり、高くジャンプして捕まえようとします。
猫は動くものに反応しますので、どんなものでも動くものには興味を示します。
特別なおもちゃがなくても紐のように長いものであれば飽きずに長く遊べることができます。

猫の年齢に合ったおもちゃ

猫のためのおもちゃにはいろいろな種類があります。
しかし猫は年齢によって遊ぶ目的が変化してきます。
そのため、それぞれの目的に合ったおもちゃを選ぶことが大切になります。
好奇心旺盛な子猫は、生後2か月くらいから遊び始めます。
何にでもじゃれたり噛みついたりして、好奇心を満足させることが遊びの目的です。
体の大きさに合わせて、20cm位の大きさのものが抱きついて遊ぶ目的に適しています。
成長すると、遊びは狩りの本能によるものに変わります。
動きに変化があったり、音がしたりといった狩りの本能を刺激するものが適しています。
思い切り動けるように、ある程度の広さの確保が必要となります。
また、狩りの本能を満足させるために、最後はおもちゃを捕まえさせることも大切なことです。
年を取ると、小さい時からのお気に入りのものや、安心感を与えるものが適しています。
運動不足になりがちなので、遊んで動いてくれるように注意を引くようにします。

recommend

納骨堂を東京で見つける

最終更新日:2017/7/7