猫に関する情報が満載!

にゃにゃーん

猫のしつけのポイント

猫のしつけは愛情と根気をもって行います。
いけないことをした時は現行犯で叱りましょう。
しかし、体罰はいけません。
デリケートで、臆病な猫はそれを恐怖と感じ、不信感から飼い主の言うことをきかないようになるだけでなく、攻撃的になったりもするからです。
また、トイレのしつけも重要です。
トイレは静かで目立たない場所に置き、常に清潔に保ちましょう。
神経質で嗅覚の鋭い猫にとって、汚れているトイレほど嫌なものはありません。
不潔なトイレは病気の原因にもなりますので、十分、気をつけて下さい。
他にも、食事や、爪とぎのしつけなどがあります。
爪とぎは猫の本能的な習性から、やめさせることは不可能です。
爪とぎをする場所を決め、その場所以外で爪とぎをしないようにさせなければなりません。
爪とぎは市販のものがペットショップやホームセンターなどに売っていますので、買ってあげるとよいでしょう。
爪を切ることも、一時的に爪とぎによる被害を軽減できます。

猫のしつけ方のポイント

猫は単独行動する動物です。
他の猫に服従したりはしません。
なので、犬よりもしつけは難しいです。
猫にとってもっとも重要な判断としては、自身に危険がないか、安全であるかということです。
飼い主が、叱ったり無理やりしつけようとしても従うことはほとんどありません。
むしろ、飼い主が自分を嫌っていると思い、飼い主から離れてしまう場合もあります。
屋内で飼う場合、入って欲しくない部屋などに侵入させないためには、その場所が危険だと思いこませるといいでしょう。
部屋に入ろうとしたら、少し大きな音をたてたりして警戒させると近寄らなくなります。
トイレなどは、場所を覚えさせても、そのうちそのトイレを使用しなくなったり、別の場所で排泄する場合があります。
その原因のほとんどがトイレの汚れによるものです。
こまめに掃除してきれいにしておくとよいでしょう。
爪とぎなどは、猫の習性なのでしつけることは無理です。
柱などを傷つけられたくない場合は、爪をとげるように代わりになるものを準備するとよいでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2017/5/26